ホーム > 労福協 活動レポート

労福協 活動レポート

2016年3月28日中央労福協の活動

『奨学金』制度の改善、給付奨学金制度の導入・拡充と教育費負担の軽減の実現に向けた院内集会を開催!!

3月22日(火)17:30から参議院会館において「奨学金制度の改善、給付型奨学金制度の導入・拡充と教育費負担の軽減の実現に向けた院内集会」を全国各地から参集した労福協、関係団体、学生など約400名が参加して開催されました。

集会のなかでは、署名筆数が301万を超えたことの報告や大内奨学金問題対策全国会議協同代表からの基調提起や学生からの実態報告などが行われ、単一組織としては全国一の署名筆数を獲得した「コープさっぽろ」の林理事から、コープさっぽろ内での取り組みの詳細な報告と連帯の挨拶があり、本集会での報告・提起を踏まえて、引き続き課題の前進へ向けて取り組むことを全体で確認し、集会を終了しました。

160328

集会に先立ち、総理官邸で世耕官房副長官に要請のうえ、署名を提出しました!

中央労福協は集会に先立ち、同日午後に奨学金問題対策全国会議と共同で、総理官邸において世耕弘成官房副長官に要請行動を行いました。冒頭、神津会長より301万筆を超える署名の目録を添えて要請書と署名簿の一部を手渡し、政策実現への対応を要請しました。また、花井事務局長から中央労福協で実施したアンケート調査結果等の説明を行い、奨学金問題対策全国会議の大内代表等からは、「高等教育を家計で支えることが困難になり、学びたい人が学べなくなっている。ぜひ超党派で取り組む課題として考えてもらいたい」との要請を行いました。

これに対し世耕官房副長官からは、「我々も現状でいいとは全く思っていない。この問題は官邸の中でも重要な課題だと考えている。現在、各省庁横断型チームを作って検討を始めており、1億総活躍プランを5月にまとめるので、そこまでに新しい奨学金のあり方を打ち出していきたい」との回答がありました。

北海道労福協としても、今後の官邸の動向を注視していきたいと考えています。


活動レポート一覧»





連合北海道 (日本労働組合総連合会 北海道連合会)
北海道ろうきん
全労済
北海道住宅生協
北海道医療生活協同組合
中央労福協
中央労福協
北海道労働資料センター(雇用労政課)
北海道労働者福祉協議会道南ブロック